KAGURA TOP > KAGURAのこだわり > 革の素材について

革の素材について

いろんなシチュエーションで履いていただくために、KAGURAは素材にもこだわっています

KAGURAでは常に快適な履き心地をご提供するために、素材のひとつひとつにもこだわりをもっています。
また、さまざまな表面加工によって靴に表情を与えることで、
どのようなシチュエーションでも履いていただける、豊富なバリエーションを実現しています。
ここでは、KAGURAが扱う代表的な革素材と加工の種類について、ご説明いたします。

革の種類について

牛革 カーフ 生後6ヶ月ぐらいの子牛の皮。薄手で繊維が細かく、表面も滑らか。最上質。
キップ 生後2年ぐらいまでの、カーフよりやや厚手の中牛の皮。カーフに次いで上質。
ステア 去勢した牡の成牛皮で、牡牛と牝牛の中間の性質を持つ。
ピッグ 豚皮。表面が摩擦に強く、丈夫。毛穴が見えるのが特徴。表面をプリントできる。
また裏革としてもよく使われる。
大判で繊維素質は柔らかい。
裏革として使用、またサンダルの線物としても使われる。とても丈夫。
シープ 羊皮。とても柔らかい。シボが特徴。小判。
ゴート 山羊皮。シープより大きく硬く丈夫で、繊維の充実度が高い。
シボもシープより大きい。
キッド ゴートの子供。小判。

加工の仕方について

ヌバック 牛革の銀面をサンドペーパー等で削った革。表面が起毛している。
スエード 革の裏面を細かなサンドペーパーで削り、ビロードのように起毛したもの。
仔牛、山羊、羊などを使用。
ベロア 成牛革の裏面を起毛したもの。スエードは起毛が緻密だが、
ベロアは粗く毛足が長い。
エナメル 革の表面に合成樹脂の塗膜をつくり光沢を出したもの。耐薬品性が強い。
納期が非常にかかる。
型押し 表面に爬虫類の柄などを型押しした革。加熱した型板で、
高圧プレスして仕上げる。
ハラコ 主にポニーのファー(毛)付きの革。非常に高価。

こだわりの商品をみなさまへ